メインイメージ

ロボットの扱い方

ホームページ制作とロボットの扱い方

ロボットの扱い方ホームページ制作とは、Web上でのマーケティングの行動計画をより具体的にするものです。その作成方法の中には、Webサイトの設計があります。例えば、どのような内容を見せるか、どんな客層を想定するか、見えやすいようにするにはどうするかなどがあり、その設計に基づき、実際の制作に移ることができます。

制作の中身もHTML制作、JAVAスクリプト、AJAXなどを利用した地図などのような、リアルタイムで内容が動くHTMLコードの制作、FLASHなどによる先ほどとはまた違う動的コンテンツの制作、最も大切な中身であるテキストデータのライティングなどがあります。ホームページ制作といっても複数の要素が重なり合ってできたものです。
Webマーケティングにおいては、最終的にこうしたホームページ制作を実現できるスキル、リソースが必要です。

そして、せっかく作成したウェブページを見てもらうには検索サイトで上位に位置する必要があります。それがSEO対策とロボットの扱いです。

検索サイトで使われているエンジンに、今主流のロボット型検索エンジンがあります。
このロボット型検索エンジンにはクローラーやスパイダーと言われるロボットをインターネット上のWEBページに巡回させて、ロボットにデータを収集させて、データベースにためていきます。ホームページ制作の一連の流れを見ていきます。

まずは、サイトのコンセプトを考えます。コンセプトは、サイトの方向性を決める重要な部分です。クライアントと入念に齟齬が生じてないか確認しましょう。
そのサイトで一番伝えたい内容を決めます。何をメインに見せるか考えましょう。商品を紹介するなら、どんな特徴があるかを見せるか、値段の安さを全面に出すか、時間が経てば変化しづらい方向性が良いです。

伝えたいことを決めたら、それを目に留めやすい言葉で表現するか、魅力的なイメージをどんな形で表現するか等、どうすれば一番伝わるのかを考えます。そして、様々な工夫をして作成を終え、いよいよ公開、納品をする段階でのことです。

公開は、制作会社がする場合と、クライアントが公開する場合の2つがあります。
また、納品するときに、以下のことを確認しておくことが必要です。
デザインデータも含めるか、更新マニュアルなどの手引書、コーディング・デザインガイドラインなどのような手引書は必要かどうかです。

そして、ホームページ制作を終えたら、まずやるべきことのチェックリストを事前に作っておき、それを見ながら確認をすることをおすすめします。作るまでも大切ですが、作ってからも同等以上に大切です。

サイトを運営している人は、やってないものがないか確認してみましょう。

バナー

最近の投稿